Kohei Kida – Japonais

  • 「条件文とディスクール」『仏文研究』(京都大学フランス語学フランス文学研究会)26, 1995, p. 1-16. [article]
  • 「条件文の意味と使用」『仏文研究』(京都大学フランス語学フランス文学研究会)30, 1999, p. 1-18. [article]
  • 「siとmêmeの意味論的結合関係」『フランス語学研究』(日本フランス語学会)34, 2000, p. 27-38. [article]
  • 「談話の方向性と意味」『藝文研究』(慶應義塾大学藝文学会)79, 2000, p. 196-202 (1-7). [article]
  • 「「まれに」とrarementの対照研究(1)」『日吉紀要フランス語フランス文学』(慶應義塾大学)39, 2004, p. 93-103. [article]
  • 「「まれに」とrarementの対照研究(2)」『日吉紀要フランス語フランス文学』(慶應義塾大学)40, 2005, p. 93-106. [article]
  • 「「まれに」とrarementの対照研究(3)」『藝文研究』(慶應義塾大学藝文学会)89, 2005, p. 289-299 (18-28). [article]
  • 「ことわざの意味分析 — Les mauvais ouvriers ont toujours de mauvais outils」『藝文研究』(慶應義塾大学藝文学会)101(2), 2011, p. 228-240 (17-29). [article]
  • 「論証とポリフォニーの意味論」『藝文研究』(慶應義塾大学藝文学会)103, 2012, p.212-227 (36-51). [article]
  • 「「発話者」から「トーン」へ」喜田浩平(編)『川口順二教授退任記念論集』WEB出版, 2012, p. 81-88. [article]