[en français] [en español] [em português]

論証意味論は、発話が客観性を装う場合でも、何らかの立場を公然と表明する場合でも、感情を伝える場合でも、複数の視点を作り出すと考える。この意味論の名称と諸原理は、二人の創始者ジャン=クロード・アンスコンブルとオズヴァルド・デュクロに多くを負っている。彼らのアプローチを初めて定式化した「ラングに内在する論証」理論にも依拠している。彼らの考えでは、いわゆる「推論」や「正当化」は力と力のせめぎ合いにほかならない。しかもそれを可能にするのは「ほんど〜ない」「少し」「しかし」のような副詞や接続詞などの言語表現である。これを論証意味論は、主観性を言語の規約的意味に書き込むことで一般化する。発話事象に対して論証意味論は、心理主義から解放されたアプローチを想定する。論証意味論は、言語を世界の提示手段とみなす理論と対立する。論証意味論は語彙研究も談話分析もカバーする。書き言葉を中心に発展したものではあるが、話し言葉にも適用される。

本サイトの目的は、論証意味論における研究成果の発信を促進することにある。多彩な文書をオンライン化し、イベントの告知も行う。多言語に対応し、イベントは国際的なものもそうでないものも告知可能である。対象となる文書は、以下のようなものである。

— 論証意味論の領域に含まれる様々な理論の基本文献
— そのような理論の発展に寄与する論文
— 記述性を意図した論文
— 論証意味論とは立場を異にしながらも対話可能な研究者(反対派・賛成派)の論文
— 調査、総括、解説

本サイトに掲載を希望する文献やイベントの情報は、こちらまでお寄せください。

サイト管理委員会